お客さまの声・体験記

お客さまからたくさんの声や体験記を頂戴しています。
その一部をご紹介いたします。

「ミートソースのスパゲティ」

「大丈夫ですか?!」 私はこの言葉をこれほどまでに心底声に出したことはありません。 それは家賃滞納があり全く連絡がつかない入居者の自宅へ訪問した時のことでした。 普段からそういった入居者宅へ訪問し、チャイムを鳴らし呼びかけます。 7月に入り蝉の鳴き声も大きくなり、気温もかなり高かったのを覚えております。 この日もいつも通り、いくつかの物件へ訪問しておりました。 その中の1件に私は違和感を感じたので...

入居者様の力になるということ

入居者様は50代の男性。家賃滞納が発生し電話連絡を行いましたが接触できない為、 現地訪問を行いました。玄関チャイムを鳴らすと室内で物音がするため呼びかけると入居者様が体を引きずりながら出てきました。 聞くと、体の調子が悪くほぼ毎日室内で横になっていると。仕事には就けず、所持金は残り僅かしかないとのことです。 病院にも通ってはいるが所持金が無い為、十分に通うことができず必要な薬の摂取も出来ていないと...

養育費

2年程前の話になります。契約者は別で賃貸物件を借り、物件には契約者とは離婚した元妻と子供2人が3人で居住しておりました。 当初の約束では消費者金融業で役職のある契約者の方が入居審査に通り易いと考え、養育費は支払うので毎月の賃料は入居者が支払うとの約束で契約をしたところ、 契約者からの養育費が途絶え、入居者も賃料不払いを盾に契約者と養育費支払いの交渉をするつもりとの有様でした。 滞納3ヶ月になり私が...

恐怖と不安 安堵と希望

(30代/女性/T様)

T様は母子家庭。家庭の事情と契約時の収入の不安から、弟様を契約者として、賃貸住宅へ転居しました。 心機一転、育ちざかりの男児を2人抱え、苦しいながらも、子供の笑顔に支えられながら生活をしておりましたが、その反面、母子家庭のため、色々な事を一人でこなさなければなりません。 時には、子供の怪我や病気の対応の為、急に休むことも多く、元々勤めていた会社も辞めざるを得なくなり、いつしか、まともな就業ができな...

  1. 1